ここから本文です

ネットフリックス、米国での契約の伸び大きく鈍化

4/17(水) 9:34配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米ネットフリックスは16日、4-6月(第2四半期)の業績について期待外れの見通しを示した。米国での契約の伸びが大きく鈍化することから、ストリーミング事業の競争激化で同社の見通しに対する懸念が広がった。

1-3月(第1四半期)の契約件数は960万件と、世界で894万件とのアナリスト予想を上回り過去最高水準となった。ただ4-6月の世界新規契約は500万件と予想し、市場予想の609万件に届かなかった。リード・ヘイスティングス最高経営責任者(CEO)は株主に宛てた書簡で、米国での値上げが影響すると説明した。

通常取引終了後の時間外で、ネットフリックスの株価は一時9.3%安となった。投資家が同社の見通しに動揺したためだが、その後は約1%安まで持ち直した。

ヘイスティングスCEOは書簡で、同業各社がそれぞれコンテンツとサービス改善に投資を増やし続け、1980-90年代に米国のテレビ視聴者が地上波からケーブルテレビにシフトしたように、消費者がネット配信に移行し続けるとの見方を示した。

ネットフリックスは4-6月の新規契約について、米国では最近のペースを大きく下回る30万件、海外で470万件と想定。ブルームバーグが集計したアナリスト4人の予想平均は米国が61万7000件、海外547万件。

原題:Netflix Forecast Rattles Investors as Disney Readies Its Attack (抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Lucas Shaw

最終更新:4/17(水) 9:34
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事