ここから本文です

中国1-3月のGDPは6.4%増-予想外の底堅さ

4/17(水) 11:10配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 中国経済の1-3月(第1四半期)成長率は予想外の底堅さとなった。一連の景気刺激策による効果が表れ、対米貿易摩擦で揺らいだセンチメントの安定化に寄与した。

17日発表された1-3月の国内総生産(GDP)は前年同期比6.4%増。エコノミスト予想を上回り、昨年10-12月(第4四半期)と同じ成長率だった。

3月の工業生産は前年同月比8.5%増。市場予想は同5.9%増加だった。小売売上高は前年同月比8.7%増。市場予想は同8.4%増加。1-3月の固定資産投資は前年同期比6.3%増え、予想と一致した。

景気減速で投資家の不安や世界経済の成長を巡る疑念が広がったが、中国当局による支援策で成長鈍化に歯止めがかかった。予想を上回る経済指標を受け、追加刺激策の必要性、あるいは中国人民銀行(中央銀行)と財政省が緩和策の縮小に着手すべきかを巡る議論も活発になっている。

JPモルガン・チェースの中国担当エコノミスト、グレース・ヌン氏は「政策支援で持ち直しが予想よりも早かった」と指摘。「マクロ政策はここから大幅に緩められることはないが、今後数カ月で引き締められることもないだろう。今年の財政政策は既に支出の大幅な前倒しが行われており、年末に近づくにつれて効果は落ちていくかもしれない」とコメントした。

1-3月の国有企業による投資の伸びが6.7%に加速する一方、民間投資は6.4%増にとどまっており、景気支援で政府の役割の大きさが浮き彫りになっている。

ブルームバーグ・エコノミクスの舒暢氏は、「中国経済は4-6月(第2四半期)も安定すると見込んでいるが、継続的な政策支援は必要だ。政府主導のインフラ投資で回復に弾みはついた。今後必要なのは自律成長を促す民間セクターの持ち直しだ」と述べた。

原題:China’s Economic Growth Unexpectedly Held Up in First Quarter(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Bloomberg News

最終更新:4/17(水) 13:53
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事