ここから本文です

パウエル議長、インフレ加速がはっきりするまで待つアプローチに

4/17(水) 16:08配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長をはじめとする金融当局者は、インフレへの対応で重要な戦略転換に踏み切った。来年の一段と根本的な変革への前触れとなる可能性がある。

経済理論では、労働市場の引き締まりは危険なインフレ加速につながりかねないとされるが、それを回避するためにこれまで利上げを進めてきた米金融当局は、引き締めを手控えている。パウエル議長ら当局者はその代わりに、当局目標を下回っているインフレ率が説得力ある形で上昇するようになるまで、政策を据え置く方針だ。

アマースト・ピアポント・セキュリティーズのチーフエコノミスト、スティーブン・スタンリー氏は「米金融当局はインフレに関し、『はっきり分かるようになるまで待つ』というアプローチに進化」しつつあり、インフレ加速まで利上げしないことになると指摘した。

米金融当局が2%のインフレ目標を納得のいくように達成できずにいることについて、パウエル議長らは困惑している。そのことが、物価圧力を巡って証拠を目にするまで信じられないという態度につながっているようだ。

米金融当局は金融政策の枠組みについて、1年にわたる見直しに着手しており、インフレ率が当局目標をしばらく上回るようにするアプローチも真剣に検討する用意をパウエル議長は示している。

パウエル議長のこうした戦術変更は金融政策や経済、金融市場に大きな影響をもたらす可能性がある。

米金融当局のアプローチの転換にはリスクが伴う。金利をもっと長期間にわたり低めに据え置く政策は、これまで慣れ親しんだリターンを得ようと一層のリスクテークを投資家に強いることになり、投機的な資産バブルや過度のレバレッジにつながる恐れがある。

原題:Powell Adopts Whites-of-the-Eyes Inflation Stance Yellen Shunned(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Rich Miller, Craig Torres

最終更新:4/17(水) 16:08
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ