ここから本文です

【福島牝馬S】中山牝馬Sで負けた馬が巻き返す/JRAレース展望

4/18(木) 6:00配信

netkeiba.com

 春の福島開催の締めくくりを飾る牝馬重賞。ローカル開催のGIII戦ながら、ヴィクトリアマイルへのステップレースの役割があって、1着馬には優先出走権が与えられる。2017年のヴィクトリアマイルで11番人気2着したデンコウアンジュ、2015年に18番人気3着したミナレットは、いずれも福島牝馬Sをステップにしていた。

1.上がり馬は苦戦

 過去10年(新潟開催の2011年を含む)、前走で条件戦を走っていた馬の勝利は皆無で、前走でオープン特別を使われていた馬も未勝利。牝馬重賞には珍しく、上がり馬にハードルが高いレースで、重賞を使われてきた馬が中心になる。

2.中山牝馬Sの再戦だが

 過去10年の勝ち馬のうち8頭が前走で中山牝馬Sを使われていた(出走取消だったスイートサルサを含めれば9頭)。また、2着も7頭までが前走中山牝馬S組。ただし、2018年の勝ち馬キンショーユキヒメは中山牝馬Sで7着、2017年の勝ち馬ウキヨノカゼは6着、2着馬フロンテアクイーンは8着と、中山牝馬Sでは掲示板を外していた。他のステップで好走してきた馬よりも、中山牝馬S凡走組の巻き返しに妙味がある。

3.距離以上のスタミナが要求される

 2018年7番人気1着のキンショーユキヒメは、それ以前に芝2000mで3勝を挙げていた。2017年4番人気2着のフロンテアクイーンは芝2000mの紫苑Sで3着した実績があり、2016年15番人気1着のマコトブリジャールは芝2000mで2勝、2015年3番人気1着のスイートサルサは芝2000mの愛知杯で3着、9番人気2着のリラヴァティは芝2000mで2勝。春の福島最終週でスタミナを要する馬場状態になりやすいので、1800mより長い距離での実績を持つ馬に注目したい。


 ランドネは前走中山牝馬Sで13着に大敗したが、勝負どころから動きにくい場所に入ってしまって消化不良の一戦だった。芝2000mではこれまで[1-0-2-2]、紫苑Sと愛知杯で3着してGIの秋華賞でも6着と、長めの距離での実績も十分。今回は頭数が落ち着きそうなので、前走の二の舞になる事態は考えにくい。巻き返しに期待したい。

最終更新:4/18(木) 6:00
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事