ここから本文です

小松菜奈×門脇麦がメジャーデビュー!『さよならくちびる』劇中ギターデュオ

4/18(木) 8:00配信

シネマトゥデイ

 小松菜奈と門脇麦が主演を務める映画『さよならくちびる』(5月31日公開)より、劇中で2人が組むギターデュオ「ハルレオ」が5月22日にメジャーデビューを果たすことが発表された。

小松菜奈×門脇麦が歌う!ハルレオ「さよならくちびる」MV(ショートVer)【動画】

 『月光の囁き』『害虫』などの塩田明彦が監督・脚本・原案を務める『さよならくちびる』は、インディーズで人気の「ハルレオ」のレオ(小松)とハル(門脇)、その付き人のシマ(成田凌)の関係を描く青春音楽ロードムービー。劇中で小松と門脇は歌声と演奏も披露しており、主題歌「さよならくちびる」のプロデュースを秦基博、挿入歌「誰にだって訳がある」「たちまち嵐」の作詞・作曲をあいみょんが担当している。

 今回、その3曲を収録したEP「さよならくちびる」が5月22日にリリースされることが決定し、本日より各ラジオ局でも連日オンエアもスタート。あわせて主題歌のミュージックビデオも公開された。米津玄師の「Lemon」やあいみょんの「マリーゴールド」のMVを手掛けた山田智和が監督を務めており、「3人で過ごす最後の時間」をテーマに、レオ、ハル、シマの純粋無垢な姿や儚さなどが表現されている。

 EPのジャケットを撮影したのは、人気写真家の川島小鳥。トレードマークであるつなぎの衣装に身を包み、楽器を手に自然体の表情を浮かべるハルレオの姿が印象的な仕上がりになっている。(編集部・大内啓輔)

「ハルレオ」デビューにあたって

■ 秦基博 コメント
最初にいただいた脚本に書かれていた『さよならくちびる』という言葉。その言葉を、ハルとレオならどんな風に歌うのだろうかとイメージしながら詞と曲を書きました。
「さよならくちびる」は、小松菜奈さん、門脇麦さんのお二人が演じるハルレオの歌です。ハルレオの声によってだけ、この世界へと放たれる歌なのだと思います。CDデビューということで、映画とともに、この「さよならくちびる」という歌も多くの方に楽しんでいただけたら嬉しいです。

■ あいみょん コメント
「たちまち嵐」「誰にだって訳がある」は、いつまでもハルとレオ2人を繋ぐ楽曲たちだと思っています。根拠はないけど、2人はきっと大丈夫だし、全部わかってるわけじゃないけど、そういうことだと思いました。この楽曲たちを歌ってくれてありがとうございます。デビュー、万歳。

1/2ページ

最終更新:4/18(木) 13:04
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事