ここから本文です

GI・2勝のヒシアマゾン死す 中舘調教師「感謝しかない」

4/18(木) 11:00配信

東スポWeb

 ヒシアマゾン(牝28)がけい養先の米国ポログリーンステーブルで15日夜(現地時間)、老衰のために死んだことが明らかになった。
 現役時代は1993年阪神3歳牝馬S(現阪神JF)、94年エリザベス女王杯とGIを2勝したほか、3冠馬ナリタブライアンの2着に好走した有馬記念(94年)など、超一線級牡馬とも互角の走りを見せ、ファンの多い馬だった。

 繁殖入り後は目立った産駒は出せなかったが、その血を受け継ぐ馬は残されており、娘ヒシラストレディが産んだ現1歳馬(父ディープインパクト)は主戦だった中舘英二厩舎に入厩予定となっている。

 中舘調教師「この間、見に行った人からは元気だったと聞いていたのですが…。印象に残るレースはものすごい脚で差し切ってくれたクリスタルC(94年)。競馬って簡単に勝てるんだなと思わせるほどの馬で、(騎手としての)知名度を上げてもらった。感謝しかないですね」

最終更新:4/18(木) 12:45
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事