ここから本文です

時の先を予知する剣士が銃弾をかいくぐり、その剣先は過去をも斬る。スタイリッシュアクション『Katana Zero』Switch版が配信開始。PC版は深夜に配信

4/18(木) 11:17配信

ファミ通.com

文:ミル☆吉村

 大手インディーパブリッシャーのDevolver Digitalが、Askiisoftのアクションゲーム『Katana Zero』のNintendo Switch版を国内で配信開始。価格は1580円で、SteamでのPC版の配信も今晩深夜に予定している。


 『Katana Zero』は、裏社会で暗躍する“ドラゴン”と呼ばれる殺し屋となり、刀一本で乗り込んでいくアクションゲーム。

 同パブリッシャーの代表作『ホットライン マイアミ』に通じるクレイジーで乾いた物語と、1ヒットで死亡の条件下を華麗な皆殺しアクションで切り抜ける超バイオレンスな内容が特徴だ。


 基本的には横画面のプラットフォームアクションとなっていて、即死レーザーなども切り抜けられるダッシュや、時間の流れを遅くするスロー効果、そしてマップギミックなどを駆使して立ちはだかる連中をすべて始末し、奥で待つターゲットを目指して進んでゆく。

 『ホットライン マイアミ』同様、リトライを重ねつつ攻略法を探り、一回も死なずにゴールに到達するのを目指す作りとなっており、クリアーすると(恐らくビデオでイメトレしていた)ドラゴンが見出した“正解”がリプレイとして再生されるという仕組みになっている。


 しかし、医師により精神の安定のために薬物を投与されているドラゴンの時間認識は次第に破綻し始め、ひどくなる一方の悪夢と忘れ去ったはずの過去が彼の現実を侵食し始める。

 果たして彼に予知能力を与えるとされるドラッグ“クロノス”の正体は、そして殺しの指示役でもある医師と“雇い主”の目的はなんなのか、彼が抱える過去の闇には何が潜んでいるのか?

最終更新:4/18(木) 11:17
ファミ通.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事