ここから本文です

ビッグドライブをもう一度 チャン・キムが1年5カ月ぶり復帰

4/18(木) 12:02配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内男子◇東建ホームメイトカップ 初日(18日)◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)◇7081yd(パー71)

ジャンボさんです

2017年に3勝を挙げて賞金タイトルを争ったチャン・キム(米国)が、腰痛で途中棄権した同年12月「ゴルフ日本シリーズJTカップ」以来、約1年5カ月ぶりに日本でツアー復帰した。開幕前日の17日(水)は練習グリーンで最後の調整をこなし、「日本に戻って来られて良かった。ずっとこの日を待ち望んでいました」と雨に濡れた表情をやわらげた。

2017年は圧倒的なパワーを武器に11月までに3勝を重ね、宮里優作、池田勇太、小平智とし烈な賞金王争いを演じた。しかし、ランキングトップで迎えた同月の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で流れは暗転する。2日目の起床時に腰に痛みを覚え、第2ラウンドスタート直前に途中棄権。「賞金王の可能性があったが、あのときにあきらめざるを得ないと決心した」と、この時すでに賞金タイトルへの意欲が失われたという。優勝で賞金王の可能性があった最終戦も、第2ラウンドスタート前に棄権を強いられた。

■腰痛に続き骨折も

それから、腰痛との長い戦いが始まった。早期回復を求めて、米国と韓国をまたいで多くの病院で診療を受けた。春先にはスイングできるまでに回復したが、さらなる災難がキムを襲う。復帰戦とするはずだった2018年3月の世界ゴルフ選手権「WGCメキシコ選手権」の練習ラウンド中、ボールと一緒に木の根を強打した衝撃で右手を骨折。全治5カ月と診断され、ツアー復帰はさらに遠のいた。

腰痛の回復を優先したこともあり、右手の故障以降、初めてクラブを握ったのは今年の1月上旬。その2週間後の日亜共催「SMBCシンガポールオープン」で待望のツアー復帰を果たし、「試合会場に足を運べたことが、何よりもうれしかった」と感慨深げに回顧した。予選落ちに終わったが、「36ホールを完走できたことで自信になった」と収穫は大きかった。

腰の状態は「だいぶ良くなったけど、ラウンド後に少し張りを感じる」と今も不安を残している。2017年当時よりもアドレス時の前傾を浅くし、体への負担を減らすスイングに移行中。スイングに大きな支障はないという。

■ビッグドライブは取り戻せるか

平均300ydを超えるツアートップクラスの飛距離については「正直、それほど飛ばせるとは思っていない」とトーンは低めだ。「腰の問題というよりも、筋肉が多少なりとも弱くなっているから。飛ばすための筋肉を付け直して、また飛ばし屋だった自分の姿を皆さんに見せられればと思います」。完全復活を目指す29歳が、気持ちを新たに日本で再スタートを切る。(三重県桑名市/塚田達也)

塚田達也

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事