ここから本文です

(平成と天皇)両陛下と私 「象徴天皇」国民に浸透 林真理子さん

4/18(木) 11:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 1986年、英国のチャールズ皇太子とダイアナ妃が来日した際のレセプションで、皇太子時代の天皇陛下を拝見しました。
 ただ当時は、今ほど人気はなかった気がします。天皇となり、89年の「即位後朝見の儀」でのおことばも、これといった印象はなかった。90年の「即位礼正殿の儀」では万歳が三唱されましたが、世間には白けたムードも漂い、「アジア侵略の記憶が強い国が万歳をするとは何事か」と、とがめるような意見もありました。
 しかし陛下はそこから少しずつ信頼を積み上げ、今ではどこでもあたたかな歓迎を受けています。
 即位してからの約30年間は、かつて軍の統帥者として神格化されていた天皇としての匂いを消すため、一生懸命だったことと思います。…… 本文:842文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

最終更新:4/18(木) 11:30
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事