ここから本文です

アーモンドアイは安田記念が次走候補に 凱旋門賞は断念

4/18(木) 12:58配信

netkeiba.com

 17日、シルクホースクラブのホームページで今年の凱旋門賞の登録を見送ることが発表されたアーモンドアイ(牝4、美浦・国枝栄厩舎)。次走は正式に決まっていないものの、6月2日に行われる安田記念(GI・東京芝1600m)が候補に挙がっている。

【写真】アーモンドアイこれまでの軌跡

 アーモンドアイは父ロードカナロア、母フサイチパンドラ、その父サンデーサイレンスという血統。昨年は牝馬三冠を達成し、その後のジャパンCでは2:20.6の世界レコードで優勝。3月30日にドバイのメイダン競馬場で行われたドバイターフ(G1・芝1800m)で海外G1初制覇を遂げ、G1・5連勝となった。

 ドバイ遠征後の様子や58キロの斤量などを総合的に考慮した結果、凱旋門賞はアーモンドアイにとって負担が大きく、「ベストのレース選択ではない」との結論にいたり、登録が見送られた。

最終更新:4/18(木) 12:58
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事