ここから本文です

米景気、やや拡大 車販売は不振、関税懸念

4/18(木) 5:34配信

共同通信

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は17日、全国12地区の連邦準備銀行による景況報告(ベージュブック)を公表し、3月~4月上旬の景気は「やや拡大した」との判断を示した。ただ、自動車などの販売不振が指摘され、トランプ米政権が検討する輸入車への追加関税を懸念する声もあった。

 報告は今月30日~5月1日の連邦公開市場委員会(FOMC)で金融政策を決める際の討議資料になる。FRBは世界経済の減速を受けて利上げを停止しており、政策金利は据え置く見込みだ。

 一部の地区連銀からは「経済活動がいくらか力強くなった」との報告もあった。

最終更新:4/18(木) 5:34
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事