ここから本文です

マドンナ、14枚目のオリジナル・アルバム『マダムX』を6月にリリース

4/18(木) 14:52配信

CDジャーナル

マドンナ、14枚目のオリジナル・アルバム『マダムX』を6月にリリース

マドンナ、14枚目のオリジナル・アルバム『マダムX』を6月にリリース

 マドンナが2015年の『レベル・ハート』以来、4年ぶりのアルバム『マダムX』(通常盤 CD UICS-1352 2,500円 + 税 / デラックス盤 2CD DUICS-9159~60 3,500円 + 税)を6月14日(金)にリリース。アルバムからの第1弾シングルで、コロンビアのスーパースター、マルーマとコラボレーションした「メデジン」が公開中。

 マドンナが数年前から暮らすポルトガルのリスボンに影響されたという新作『マダムX』には、ラテンをはじめとした世界中の音楽とカルチャーからの影響が映し出されています。マドンナは英語に加え、ポルトガル語とスペイン語で歌っています。ハイライトは、ミルウェイズとの共同プロデュースによって、マルーマの生まれ故郷のスピリットを留めた「メデジン」、アンセム・ソングとも言える「アイ・ライズ」、クエイヴォをフィーチャーし、ディプロとマドンナが共同プロデュースした、ジャマイカのダンスホール・ヴァイブを持つ 「フューチャー」、そして革新的サウンドが際立つミルウェイズのプロデュース曲「ダーク・バレエ」など。『マダムX』は長年のプロデューサーであるミルウェイズのほか、マイク・ディーン、ディプロらを迎え、ポルトガル、英ロンドン、米ニューヨークとロサンゼルスで18ヶ月以上をかけて制作されました。

 マドンナは本作について、「リスボンでこのアルバムは生まれたの。私のトライブ(一族)と呼べる、仲間、素晴らしいミュージシャンたちが作り出す魔法のような世界をみつけたのもリスボンだった。彼らの存在があったからこそ、世界中の音楽はすべてつながっていて、それこそがこの宇宙にとっての“魂”だと信じる私の信念はさらに深まったのよ」とコメントしています。

 またマドンナは、日本時間の4月25日(木)午前5時からロンドンで開催されるイベント〈MTV Presents Madonna Live & Exclusive: 'Medellin' Video World Premiere〉に出演。新作について語り、世界中のファンからの質問に応じるほか、マルーマもマイアミからの中継で出演する予定です。

Photo by Steven Klein

最終更新:4/18(木) 14:52
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事