ここから本文です

スズキ ジムニー 新型、2019ワールドアーバンカーオブザイヤーに輝く…日本車初

4/18(木) 12:45配信

レスポンス

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は4月17日、米国で開幕したニューヨークモーターショー2019において、「2019ワールドアーバンカーオブザイヤー」を新型スズキ『ジムニー』(Suzuki Jimny)に授与すると発表した。

画像:スズキ・ジムニー 新型

ワールドアーバンカーオブザイヤーは、今回が3度目だ。ワールドアーバンカーオブザイヤーは、世界の人口の50%以上が、都市部に集中していることに着目して、3年前に新設された賞で、都市に似合う車を選ぶ賞となる。

2019ワールドアーバンカーオブザイヤーの投票結果は以下の通り。

●スズキ・ジムニー(697点)
●キア・ソウル(695点)
●ヒュンダイ・サントロ(526点)

この中から、新型スズキ ジムニーが、韓国キアの新型『ソウル』を僅差で抑えて、2019ワールドアーバンカーオブザイヤーに選出された。スズキ車としては、第1回目に『バレーノ』と『イグニス』、第2回目に新型『スイフト』が、ワールドアーバンカーオブザイヤーにノミネートされている。

なお、ワールドアーバンカーオブザイヤーは、第1回がBMW『i3』、第2回はフォルクスワーゲン『ポロ』が栄冠に輝いた。今回の新型ジムニーのワールドアーバンカーオブザイヤーの受賞は、日本車初となる。


《レスポンス 森脇稔》

最終更新:4/18(木) 17:20
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事