ここから本文です

スズキ、無資格者完成検査問題で202万台をリコール 1回の届出では国内過去最多

4/18(木) 16:15配信

レスポンス

スズキは4月18日、無資格者による完成検査問題に伴い、2015年5月6日から2019年2月1日に製造した合計29車種(OEM 12車種含む)約202万1590台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

[関連写真]

スズキは、国内すべての四輪車生産工場で、無資格者が単独で完成検査を行ったことや、保安基準への適合性の確認が適切に行われていなかった可能性があったことが発覚。1回の届出では過去最多となる約202万1590台のリコールとなった。

スズキでは、全車両、指定整備工場にて点検および自動車検査員による確認を行い、道路運送車両の保安基準に関する不具合が認められた場合は是正する。なお、認証工場において点検(保安基準に関する不具合が認められた場合は是正)を行った場合は、暫定措置とする。

また、「スズキ完成検査 ご相談センター(フリーダイヤル 0120-402-247 / 受付時間9時~17時)」を設置するとともに、公式サイトに、車台番号でリコール対象車か検索できるページを用意した。

●リコール対象車両

スズキ
・ワゴンR(2015年5月6日-2019年2月1日)28万6872台
・ハスラー(2015年5月6日-2019年2月1日)20万6875台
・アルト(2015年5月6日-2019年2月1日)17万8541台
・アルトラパン(2015年5月9日-2019年2月1日)8万5123台
・MRワゴン(2015年5月6日-12月23日)161台
・スペーシア(2015年5月6日-2019年2月1日)33万6692台
・キャリイ(2016年5月6日-2019年2月1日)10万3010台
・エブリイ(2015年5月6日-2019年2月1日)19万5748台
・ジムニー(2015年5月8日-2019年2月1日)5万5648台
・ソリオ(2015年5月7日-2019年2月1日)13万6430台
・クロスビー(2017年11月20日-2019年2月1日)3万6340台
・イグニス(2016年1月8日-2019年2月1日)3万7284台
・スイフト(2015年5月6日-2019年2月1日)9万2045台
・バレーノ(2016年2月22日-2019年2月1日)7123台
・SX4(2015年5月12日-2019年1月22日)3364台
・エスクード(2015年5月8日-2019年2月1日)8026台
・キザシ(2015年6月5日-12月12日)9台

日産
・モコ(2015年5月6日-12月25日)約3040台
・NT100クリッパー(2016年5月6日-2019年2月1日)約2万2060台
・NV100クリッパー(2016年5月6日-2019年2月1日)約6万4530台
・NV100クリッパーリオ(2015年5月6日-2019年2月1日)約1万0020台

マツダ
・フレア(2015年5月6日-2019年2月1日)約2万5867台
・フレアクロスオーバー(2015年5月6日-2019年2月1日)約1万2260台
・キャロル(2015年5月6日-2019年2月1日)約1万8160台
・フレアワゴン(2015年5月6日-2019年2月1日)約2万7585台
・スクラム(2015年5月6日-2019年2月1日)約2万3090台

三菱
・ミニキャブ(2016年5月6日-2019年2月1日)約2万3550台
・タウンボックス(2015年5月6日-2019年2月1日)約2260台
・デリカD:2(2015年5月6日-2019年2月1日)約2万0128台

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:4/18(木) 16:15
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事