ここから本文です

柔道・女子日本代表 異例のボルダリング挑戦でヒント 新井千鶴「似ているなと」

4/18(木) 8:30配信

デイリースポーツ

 世界の“壁”を突破するには戦略を立てよ-。柔道の女子日本代表が17日、都内の施設でボルダリングに挑戦した。反り立つ壁に設定されたホールド(石)に、柔道で鍛えた手足だけを引っかけてよじ登る。序盤は身体能力の高さでクリアしていた面々も、難度が高くなると四苦八苦。ルートをイメージし、手足を運ぶ順番や体力温存などの戦略を考えないと頂点までたどり着けなかった。

【写真】天は二物を与えた…世界を制した17歳の美少女柔道家

 パワーだけでは勝てない。70キロ級世界女王の新井千鶴(三井住友海上)は「柔道も体の運び方や組み手で頭を使うことが重要。似ているなと思った」と納得の表情。57キロ級世界女王の芳田司(コマツ)は「何も考えずに登ったら全然できない。戦略が大事」とヒントを得た様子だ。

 発案者の女子代表・増地監督は「相手を想定してどう戦略を練るか。柔道にも似た部分がある。それを理解してくれたらやった意味がある」とニンマリ。五輪で頂点に立つための“足場”を見定め、登るイメージを具現化していく。

最終更新:4/18(木) 9:23
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事