ここから本文です

ダイムラー、メルセデスベンツの電動化を加速…次世代リチウムイオンバッテリー素材を開発へ

4/18(木) 20:30配信

レスポンス

ダイムラー(Daimler)は4月16日、米国でバッテリー素材の開発を手がけるシラ・ナノテクノロジーズ(Sila Nanotechnologies)社と戦略的提携を結び、次世代のリチウムイオンバッテリー素材を開発すると発表した。

[関連写真]

メルセデスベンツは電動化戦略を加速している。2022年までに、メルセデスベンツの全ラインナップに、電動パワートレイン車を設定する予定だ。EV、プラグインハイブリッド車(PHV)、48ボルト電気システム車、燃料電池車10車種以上を投入。ダイムラーは2025年までに、メルセデスベンツ乗用車の総売上高の15~25%を、電動モデルが占めると見込む。

今回の提携は、電動化戦略の一環だ。シラ・ナノテクノロジーズ社は2011年に設立されたスタートアップ企業で、本社を米国カリフォルニア州に置く。バッテリー素材の開発を手がけている。

シラ・ナノテクノロジーズ社は、リチウムイオン技術を凌駕する新しいバッテリー素材を開発中。画期的な化学反応により、現在のリチウムイオンに対して、20%性能を引き上げることを可能にするという。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:4/18(木) 20:30
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事