ここから本文です

レクサス NX 一部改良、予防安全パッケージの機能強化など

4/18(木) 20:45配信

レスポンス

レクサスは、クロスオーバーSUV『NX』を一部改良、予防安全パッケージ「レクサス セーフティシステム+」の各機能を進化させ、5月6日より販売を開始する。

[関連写真]

今回の一部改良では、単眼カメラとミリ波レーダーの性能を向上。プリクラッシュセーフティは昼間の自転車運転者や夜間の歩行者も検知可能とした。そのほか、自動車専用道路等でレーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」、主要な道路標識をメーターとヘッドアップディスプレイ内に表示する「ロードサインアシスト(RSA)」、先行車の発進をメーターとヘッドアップディスプレイ内での表示とブザーで知らせる「先行車発進告知機能(TMN)」を備える。

また、コーナリング中、アクセルを踏み込んだ際に発生しやすいアンダーステアを抑制するアクティブコーナリングアシスト(ACA)を全車に標準設定。優れた旋回性能と高い車両安定性を実現する。

ボディカラーは、赤土のような重厚感と日差しで際立つ発色により、深みと鮮やかさを両立させたブレージングカーネリアンコントラストレイヤリングを新たにオプション設定。またインテリアカラーには、「バージョンL」に採用したブラック&アクセントサンフレアブラウンのほか、「Fスポーツ」専用にブラック&アクセントマスタードイエローを新たに設定した。

価格はNX300hが505万7345円から597万7309円、NX300が442万5055円から534万5018円。


《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:4/18(木) 20:45
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事