ここから本文です

ここまで1勝4敗 工藤ソフトB脅かす元部下ゾロリのロッテ首脳陣

4/18(木) 16:45配信

東スポWeb

 ソフトバンクが17日のロッテ戦(ZOZOマリン)を0―1で落とし、最下位相手に痛い連敗を喫した。試合後の工藤監督は「3連敗はしちゃいけない。明日は何が何でもという思いで戦っていきたい」と話した。

 主砲・柳田をはじめとして故障者が続出中。チームの状態はドン底。しかし、それ以上にチーム関係者が心配しているのはロッテとの相性だ。対戦前の時点でリーグワーストの防御率5・06だったロッテ投手陣に2夜連続の2安打零封負け。対戦成績は1勝4敗で、今季6勝10敗のロッテに半分以上の勝ち星を供給している。

 首脳陣には井口監督を筆頭に“元ホークス勢”がズラリと並ぶ。鳥越ヘッドコーチ、清水バッテリーコーチ、吉井投手コーチはいずれも工藤政権下でのコーチ経験者。これまでにも「当然、相手は意識している。他のチームよりもうちを知っている人間が多いわけで、彼らはうちを倒すことで存在意義を示すことになるわけだから」(チーム関係者)という声が出ていた。

 ロッテは今季からデータ改革としてチーム戦略部を新設した。この存在も不気味だ。日本一3連覇を目指す工藤ホークスにとって難敵となりそうな気配だ。

最終更新:4/18(木) 16:48
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事