ここから本文です

現行のiPadで最も長時間動くモデルが判明、それは……

4/18(木) 12:00配信

ITmedia PC USER

 前回の記事では、2018年11月に発売された新しいiPad Pro(11型iPad Pro、第3世代12.9型iPad Pro)のバッテリー駆動時間について、既存の第6世代iPadと比較しつつ検証した。

【写真】テストの模様

 その結果分かったのは、「iPad Proは公称10時間というバッテリー駆動時間よりも、実際にはさらに長く持つ場合が多い」「ただしエントリーモデルの第6世代iPadにはわずかに劣る」というものだった。

 今回はこの結果を踏まえつつ、2019年4月に新しく発売された新型iPad Air(第3世代)について、前回と同じくストリーミング動画を再生して、バッテリーの駆動時間をチェックした。

 比較対象となるのは11型iPad Proの他、前回と同じく第6世代のiPad、そして本製品と同時に発表された新型iPad mini(第5世代)についても、記事後半で比較の対象としている。

ストリーミング動画を連続再生して検証

 具体的なテスト環境は前回と同じで、Wi-Fiで動画を連続再生するという条件の元、「AbemaTV」の中から「AbemaNews」のチャンネルをチョイス。バッテリーが満充電の状態で再生を開始し、電源が自動的にオフになるまでの時間を測定した。常時iPadの前に張り付いての監視は困難なので、ネットワークカメラで録画を行い、終了後に時間をチェックするという方法を取っている。

 iPad側の明るさの自動調節はオフ、自動ロックなし、音声はミュートという条件は前回と同じだ。上記の環境で再生を実行した時にまれに起こる、一時的な再生停止の扱いなどは、前回のテストの条件を参照してほしい。

11型iPad Proや第6世代iPadを圧倒する驚きの長時間駆動

 さて、まずは前回の11型iPad Proと比較したところ、以下のような結果となった。iPad Proが15時間3分なのに対して、iPad Airは16時間59分と、およそ2時間も長い。ほぼ横並びの値になると予想していただけに、驚きだ。

 冒頭でも述べたように、公称値の10時間を超えていてももはや驚きには値しないが、画面サイズがほぼ同等の11型iPad Proに比べ、約13%も長く駆動するというのはなかなかインパクトがある。

 次に、前回の実験では11型iPad Proと駆動時間が同等、あるいは若干長いという結果が出た第6世代iPadと並べ、再び測定した(本製品も併せて再測定を行っているので、上記の結果とは値が若干違っている)。

 その結果が以下の通りで、第6世代iPadが15時間12分であるところ、本製品は16時間51分ということで、こちらもやはり、約1時間40分も長く駆動する結果になった。

 以上の結果をまとめると、現在ラインアップされている9~11型iPadは、バッテリー寿命が長い順に、

・第3世代iPad Air>第6世代iPad>11型iPad Pro

 という順序になる。ただし、後者2つがせいぜい10分程度しか違いがないのに比べて、本製品はプラス2時間と明確な違いがある。

 目で見て分かりやすいように記述すると、下記くらいの差はあることになる。実に驚異的な結果だ。

・第3世代iPad Air>>>>>>>>第6世代iPad=11型iPad Pro

1/2ページ

最終更新:4/18(木) 12:00
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事