ここから本文です

薬物使用容疑のユチョンさん再出頭 送金は「元交際相手に頼まれ」

4/18(木) 19:48配信

聯合ニュース

【水原聯合ニュース】韓国人気グループ、JYJのメンバーで俳優としても活動するユチョンさん(32)が18日、薬物の購入・使用などの容疑で前日に続き警察で取り調べを受け、容疑を否認したことが分かった。

 ユチョンさんは、薬物を使用した疑いでこのほど逮捕・送検された元交際相手のファン・ハナ容疑者と、年初に覚せい剤を購入し同容疑者の自宅などで使用した疑いがもたれている。

 ソウル郊外の水原にある京畿南部地方警察庁によると、ユチョンさんの取り調べは午前10時半から約7時間にわたり行われた。

 取り調べを終え、午後6時10分ごろに同警察庁を出たユチョンさんは、待ち構えていた報道陣の「容疑を否認したか」という質問には答えず、待機していた車両でその場を後にした。

 ユチョンさんはこの日の取り調べでも前日に続き、容疑を否認したことが分かった。

 警察は、ユチョンさんが今年初め、ソウル市内の現金自動預払機(ATM)で薬物の売人のものとされる口座に数十万ウォン(数万円)を入金し、20~30分後にある場所で薬物とみられる品物を回収する様子が映った監視カメラの映像を確保したとされる。これについてユチョンさんは、ファン容疑者に頼まれて入金したと説明したという。

 そのため警察は近日中にユチョンさんとファン容疑者を対面させ、取り調べを行う方針だ。

 警察は、今月4日に逮捕したファン容疑者からユチョンさんと一緒に薬物を使用したとの供述を得て、ユチョンさんの捜査を進めてきた。

 ユチョンさんは10日に開いた記者会見でも、自身は薬物を使用したことは決してないと主張したが、警察は通信記録などからファン容疑者の供述に信ぴょう性があると判断。16日にユチョンさんの自宅などを家宅捜索し、17日から2日連続でユチョンさんを出頭させ、取り調べを行った。

 ファン容疑者は大手乳業会社・南陽乳業創業者の孫。ユチョンさんは2017年4月、ファン容疑者と結婚すると発表したが、翌年破局している。

最終更新:4/18(木) 19:48
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事