ここから本文です

旅、食、謎を楽しむドラマ 「逃亡料理人」、主演は池内博之

4/18(木) 14:59配信

共同通信

 俳優の池内博之が、ひかりTVで配信中の日中合作ドラマ「逃亡料理人ワタナベ」(全10話)で主演を務めている。無実の罪で警察に追われる主人公の逃避行に合わせ、全国各地の名所やグルメを紹介するユニークな作品。池内は「美しい風景、おいしそうな料理、謎解きが一度に楽しめる」とアピールした。

 池内演じる天才料理人亘鍋は、逃亡先で悩みを抱えた料理人やその家族と出会うたび、彼らのために料理の腕をふるう。「自分も大変な状況なのに、つい他人を助けてしまう。とことん誠実で優しい男です」と池内。

 見せ場はもちろん料理シーンだ。日頃から台所に立っている池内だが、和包丁を握るのはこれが初めて。「かつらむきの練習で自宅の冷蔵庫が大根だらけになった」と、地道な特訓の日々を振り返る。ロケ中は常に次の段取りに気を取られて「完成した料理や、現地のおいしい物を食べる余裕がなかった」と嘆く。

 ハードな撮影の中で息抜きになっていたのが、亘鍋が食材を前に妄想を繰り広げる場面だ。キンメダイの開きと日光浴したり、巨大な松葉ガニと露天風呂に入ったり。いずれもCGでなく「実際に模型の横で演技した。ただただ楽しかった」。

 今回巡ったのは静岡、京都、兵庫、広島、福岡の5府県。池内は「日本にはおいしい物がたくさんある。次は出身地の茨城県にも逃げたい」と、続編に意欲を見せた。

最終更新:4/18(木) 15:12
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事