ここから本文です

博多座20周年公演に武田鉄矢ら意気込み、コロッケが新ネタ“武田憲一”披露

4/18(木) 17:41配信

ステージナタリー

福岡・博多座の開場20周年を記念して行われる「武田鉄矢・コロッケ特別公演」の囲み取材が、本日4月18日に東京都内の稽古場で行われた。

【写真】博多座開場20周年記念「武田鉄矢・コロッケ特別公演」囲み取材より。(メディアギャラリー他16件)

武田鉄矢とコロッケがW座長を務めるこの公演では、第1部で「水戸黄門」、第2部で「武田鉄矢×コロッケ×海援隊スペシャルオンステージ」が上演される。囲み取材には出演者から武田、コロッケ、AKB48の横山由依、伊東ゆかりが登壇した。

第1部「水戸黄門」で水戸光圀役を務める武田は、作品の舞台が福岡であることに触れ、「昨年2018年に長崎のキリシタン関連遺産が世界文化遺産に登録されましたので、そのことを踏まえて『水戸黄門』の世界にキリスト教を持ち込んでおります。福岡藩内に隠れキリシタンがいるという噂に黄門様が迫ります」と、あらすじを話す。

“ニセ黄門”に扮する旅芸人・カラクリの余一役のコロッケが「私があ、ニセモノでございまあす!」と武田のモノマネを交えながら挨拶し、記者たちを笑わせると、そのモノマネを見ていた武田は「怒りがこみ上げてきます(笑)。私こんなクドいしゃべり方してますか?」とコメント。コロッケは武田のモノマネを続けながら「悪気はないんですけどお、(武田が)大好きなもんですからあ……」と続け、武田は「嘘つけ!(笑)」とツッコミを入れた。コロッケは「第2部のショーでは、“合体モノマネ”を考えておりまして、せっかく新元号・令和になってからの公演ですので、新ネタとして、顔が森進一さんで、声が武田鉄矢さんの合体モノマネ“武田進一さん”をやろうと思っております」と宣言して、その場で実演。報道陣を爆笑させた。

そんなコロッケについて武田が「もう野放しです(笑)」と呆れると、コロッケは「お芝居はちゃんとやります! でも、ショーの方はもうグチャグチャです(笑)。横山さんがいらっしゃるので、私は大島優子ちゃんのモノマネをして、AKB48の『ヘビーローテーション』をやろうと思っております」と横山に視線を送る。コロッケは続けて「伊東さんの『小指の想い出』をいろんな方が歌ったら、というネタも披露いたします」とアピール。武田が「阿部寛でやってみて」と振ると、コロッケはその場でやってみせ、再び笑いを誘った。

今回、時代劇に初挑戦する、お豊役の横山は「博多の町娘の役なので、武田さんに博多弁のご指導をしていただいたり、先輩方からたくさん勉強させていただいています」とエピソードを話し、「うちが好いとうとよ」と初々しい博多弁を披露。これに対し武田は「うーん……これからがんばろう!(笑)」とエールを送る。

水戸光圀の昔の恋人である美代役の伊東は「私も横山さんと同じく時代劇は初めて」と明かすと、「出演者の中で私が一番年長者だと思うので、優しい愛のムチをたくさんいただこうと思っております」と真摯に述べた。

記者から「公演のあとは夜の博多に繰り出されるんですか?」と尋ねられた武田は「もうそこまでの元気はないです! 羽ばたいても(わきから)フェロモンが出ないんですよね(笑)」と発言し、ひじをバタつかせて場を和ませる。コロッケは取材中に新ネタを思いついたと言い、「顔が美川憲一さんで、声が武田さんの“武田憲一さん”です」と、モノマネを披露するも「あんまり似てなかったですね……これは封印します!」と苦笑いを浮かべた。

武田は最後に「ふるさとである福岡・博多座の20周年、そして令和元年最初の舞台をW座長で大いに盛り上げたいです。よろしければ、皆さまどうぞ博多座へお出かけくださいますよう、心より祈っております」と結んだ。公演は5月5日から28日まで。

■ 博多座開場20周年記念「武田鉄矢・コロッケ特別公演」
2019年5月5日(日・祝)~28日(火)
福岡県 博多座

第1部「水戸黄門」
脚本:池田政之
演出:金子良次

第2部「武田鉄矢×コロッケ×海援隊スペシャルオン・ステージ」
構成・演出:宮下康仁

出演:武田鉄矢、横山由依(AKB48)、伊東ゆかり、MINA(MAX)、コロッケ / 財木琢磨、荒井敦史、吉田メタル、谷山知宏、赤塚真人 ほか

最終更新:4/18(木) 17:41
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事