ここから本文です

エイサー、タフ筐体を採用した文教向けのCeleron搭載11.6型ノートPC

4/18(木) 18:30配信

ITmedia PC USER

 日本エイサーは4月18日、文教市場向けの11.6型ノートPC計2製品「TMB118G2R-H14P」「TMB118M-H14P」を発表、5月中旬から順次販売を開始する。価格はオープン。

【写真】クラムシェル型の「TMB118M-H14P」

 両モデル共に1366×768ピクセル表示対応の11.6型液晶ディスプレイを内蔵したノートPCで、CPUにCeleron N4000(1.1GHz、最大2.6GHz)を搭載。OSとしてWindows 10 Pro Education 64bit版を導入した教育機関向けモデルで、MIL規格に準拠した耐衝撃、防滴、防塵(じん)筐体を実現している。

 TMB118G2R-H14Pはディスプレイを展開することでタブレットスタイルでも利用できる2in1モデルで、10点マルチタッチ操作にも対応した。ともにメモリは4GB、ストレージはeMMC 64GBを内蔵。IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 4.0なども利用できる。内蔵バッテリー駆動時間は最大約13時間だ。

ITmedia PC USER

最終更新:4/18(木) 18:30
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事