ここから本文です

「救急車を呼ぶべき?」にチャットbotが回答 「埼玉県AI救急相談」、10連休に備えて試験導入

4/18(木) 19:58配信

ITmedia NEWS

 埼玉県は4月18日、AI(人工知能)を活用したチャットbotによる救急相談の自動応答サービス「埼玉県AI救急相談」を19日午後3時から県の公式サイトに試験導入すると発表した。チャットbotによる救急相談は日本初。7月の本格稼働に先駆け、10連休で相談件数の増加が予想されるゴールデンウィークに試験運用する。

緊急度を5段階で判定

 チャットbotの開発はNECが担当。利用者がフリー入力で書き込んだ内容をもとに可能性のある症状を回答。利用者に選択させ、症状により「今すぐ救急車を呼びましょう」「現時点では医療機関に行く必要はないでしょう」といった緊急度を判定する。スマートフォンの場合、チャット画面から救急電話相談や119への発信が可能。電話相談ではチャットの内容を相談員が引き継ぐ。

 試験運用は5月31日の午後3時まで。試験結果を踏まえ、改良を加えた上で7月19日に本格運用を開始する予定だ。埼玉県では「いつでも気軽に相談できることで、利用者の不安解消や医療機関の適正受診につながる」としている。

ITmedia NEWS

最終更新:4/18(木) 19:58
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事