ここから本文です

サンウルブズ・松橋「エナジーが必要」難敵との戦いを前に決意

4/18(木) 17:34配信

デイリースポーツ

 「スーパーラグビー・サンウルブズ-ハリケーンズ」(19日、秩父宮ラグビー場)

 日本チームのサンウルブズは18日、秩父宮で前日練習を行った。リザーブで出場選手登録されたフランカー松橋周平(25)=リコー=は「リザーブで入るならエナジーが必要なので、そういう部分を出していこうかなと」と途中出場からパワーを注入する思いを明かした。

 ニュージーランド代表クラスがそろうハリケーンズが相手。「僕らはディフェンスのバトルという部分で相手より速くセットして、相手より速くプレッシャーをかけ続けるのが大事」と守備の重要性を強調した。

 W杯シーズンを迎えた今年、2月に練習生としてサンウルブズに参加。3月中旬には日本代表候補の沖縄合宿に招集され、ニュージーランド遠征に帯同。そして今週から再びサンウルブズに出戻った。ずっと同じチームで強化する選手、1度しか変わらない選手がほとんどの中、松橋だけが強化する場がめまぐるしく変わる。

 「はい、行きますという感じですか。(チームが変わる)意図は気になっちゃいますけど、気にしてもしょうがない。自分自身がグラウンドでどうするかということだけなので、そこに集中しようという感じですね」。雑念は捨てて、試合に向かう思いだ。

 フランカー、ナンバー8はW杯代表入りへ激戦区。「W杯を意識しすぎて、自分を出さなきゃと、変にプレッシャーをかけすぎていた」とこれまでを反省。「チームのためにできることをやる。W杯でもそれが大事だから」。アピールを意識して個人プレーに走らず、チームプレーに徹する。それが結果的にW杯代表につながる。松橋は与えられた場で、与えられた役割を果たしていく。

最終更新:4/18(木) 17:47
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事