ここから本文です

三木谷会長、バルサ来日試合の会見に出席も…J1神戸のクラブ事情は語らず

4/18(木) 20:24配信

デイリースポーツ

 J1神戸の三木谷浩史会長が18日、都内で行われた「Rakuten Cup」発表記者会見に出席した。クラブはフアンマヌエル・リージョ監督との契約が解除されたり、元ドイツ代表のFWルーカス・ポドルスキが主将退任を発表するなど揺れているが、それらの出来事については言及しなかった。

 三木谷会長は、バルセロナを日本に招き、イングランド・プレミアリーグのチェルシーや神戸と対戦する「Rakuten Cup」を開催する楽天の会長兼社長として登壇した。「ヴィッセル神戸にはご存じの通り、3人バルセロナの中核を担っていた選手がおります。彼らも本当に再びこのような形で対戦をする、ということはもしかしたら予測もしていなかったのではないかなというふうに思いますけども、それが実現するということであります」と、MFイニエスタ、FWビジャ、MFサンペールの3人を念頭に発言した。

 日本サッカー界に与える影響についても「サッカー関係者にとっても、大きな影響があると思いますし、それにも増して、サッカー選手を夢見ている子ども達、プロになっているサッカー選手を含めて、大変大きな1つのイベントになるのではないか、ターニングポイントになるのではないかなと思っております」と盛り上がりに自信を見せた。

 バルセロナ側からは元フランス代表のエリック・アビダル氏が出席。報道向けのフォトセッションののち、降壇した。

 「RakutenCup」は7月23日に埼玉スタジアムでバルセロナ-チェルシー、7月27日にノエビアスタジアム神戸で神戸-バルセロナの顔合わせで行われる。

最終更新:4/18(木) 23:23
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事