ここから本文です

ソフトバンク、二回に23イニングぶり得点も…武田が誤算、3回5失点降板

4/18(木) 20:42配信

デイリースポーツ

 「ロッテ-ソフトバンク」(18日、ZOZOマリンスタジアム)

 ソフトバンクは二回に釜元が適時打を放ち、23イニングぶりに得点を挙げた。

 14日の楽天戦の六回で3得点したのを最後に、16日、17日のロッテ戦で2試合連続0封負けと試合前の時点で21イニング連続無得点だった。

 1点を追う二回、2死から松田宣が二塁打で出ると、釜元が左前適時打で同点とした。

 だが、試合は六回を終わって、ロッテに2-5と3点先行されている。1-1で迎えた三回に先発の武田が3四球1死球と乱れ、角中の適時打、加藤の2点適時打などで一挙に4点を失った。武田は3回5失点で降板。松田宣が五回に4号ソロを放っている。

最終更新:4/18(木) 20:50
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/25(土) 14:15

あなたにおすすめの記事