ここから本文です

ソフトバンクがロッテに3タテ食らう…先発・武田が3回5失点、4四球1死球

4/18(木) 21:25配信

デイリースポーツ

 「ロッテ5-2ソフトバンク」(18日、ZOZOマリンスタジアム)

 ソフトバンクは二回に釜元が一時は同点とする適時打を放ち、23イニングぶりに得点を挙げたが、先発の武田が3回5失点4四球1死球で、ロッテに対して同一カード3連敗を喫した。

【写真】暗い表情でベンチに引き揚げた武田…そのまま降板に

 ソフトバンクは14日の楽天戦の六回で3得点したのを最後に、16日、17日のロッテ戦で2試合連続0封負けと試合前の時点で21イニング連続無得点だった。

 1点を追う二回、2死から松田宣が二塁打で出ると、釜元が左前適時打で同点とした。

 だが、1-1で迎えた三回に先発の武田がこの回だけで3四球1死球。角中の適時打、加藤の2点適時打などで一挙に4点を失い、3回5失点で降板。松田宣が五回に4号ソロを放ったものの、反撃はここまでだった。

 勝ち投手はロッテ・二木で2勝目(1敗)。益田が3セーブ目。敗れたソフトバンク・武田は今季初黒星(2勝)。

最終更新:4/18(木) 22:38
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい