ここから本文です

コッポラが脚本に織り込んだ、実際の事件や人物とは『ゴッドファーザーPARTII』

4/18(木) 9:15配信

CINEMORE

コッポラがゼロから考え出した“マイケルのその後”

 フランシス・コッポラ監督の『ゴッドファーザー』三部作では、タイトルが出る際に必ず「MARIO PUZO’S」という但し書きがセットで現れる。マリオ・プーヅォとはもちろん『ゴッドファーザー』の原作者のことで、三部作すべてでコッポラと共同脚本も手がけている。このクレジットは、プーヅォなくして三部作はあり得なかったというリスペクトの表れだろう。

 ただしコッポラは、『ゴッドファーザーPARTII』ではプーヅォの原作から大きく離れて、現実の事件を積極的に取り入れている。おそらく『PARTII』は三部作中で最も物語と現実がリンクしている作品だ。

 コッポラは『PARTII』を作るにあたり、原作にはあったが前作では省略したヴィトー・コルレオーネの若き日のエピソードと、マフィアファミリーを継いだ息子マイケルのその後を描く1950年代のパートを、同時進行させるアイデアを思いつく。しかしプーヅォは小説の続編は書いておらず、マイケルのパートはゼロから考える必要があった。

 余談になるが、1987年にマイケル・チミノが監督した映画『シシリアン』は、1940年代にシチリアで名を馳せた山賊サルバトーレ・ジュリアーノの伝記映画だが、マリオ・プーヅォの小説を原作としている。実はこの小説、『ゴッドファーザー』の姉妹編として書かれている。シチリア潜伏時代のマイケル・コルレオーネがジュリアーノと関わりを持つ脇役として登場するのだ(ただし映画版では、原作にあったマイケルの存在はばっさりカットされてしまっているが)。

 コッポラの言によると、『PARTII』のマイケルのパートは、コッポラがほぼひとりで考えたという。今回は拠りどころとなる原作がなかったので、要所要所に実際にあった事件や実在の人物を織り込んだ。中盤のクライマックスはキューバ革命で最も劇的な一日となった1958年の大晦日に設定されているし、後半でマイケルが召喚される審問会は、1963年にマフィアの構成員だったジョゼフ・バラキが“沈黙の掟(オメルタ)”を破り、組織の内情を暴露した上院委員会が元ネタ。マイケルのパートではないが、冒頭で殺される少年(ヴィトーの兄)の姿は、実際にシチリア島でマフィアに殺害された少年の写真をもとに、死亡時のポーズまで正確に再現したらしい。

1/3ページ

最終更新:4/18(木) 9:17
CINEMORE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事