ここから本文です

「消費増税ポイント還元」政策で、対象となる116社発表 「クレカ・電子マネー・QRコード決済」の詳細が明らかに

4/18(木) 8:00配信

マネーの達人

電子マネーは有名どころはほぼOKに

電子マネーでポイント還元の対象として名前が挙がっているのは以下です。

Suica等交通系電子マネー(PiTaPa除く)、WAON、Edy、iD、nanaco、QUICPay、テキサス、DegiCash、CoGCa(コジカ)、CNポイント

QRコード決済も多数対象に

かと話題の多いQRコード決済も多数ポイント還元の対象になっています。

LINE Pay、PayPay、Origami Pay、楽天Pay、d払い、MoneyTap、メルペイ

キャッシュレスを上手に使いこなしましょう

消費増税のポイント還元政策の全容がいよいよ明らかになってきました。

対象となる決済事業者はまだ追加募集を受け付ける予定です。

筆者が今回明るいニュースだと感じたのは、中小企業の多いネットショップも要件を満たせばポイント還元の対象になる見込みということです。

楽天市場やAmazon等の大手モールに出店している中小店舗が対象として認められるかどうかは不明ですので、正式な発表内容を期待したいと思います。

増税は消費者にとって「痛み」ではありますが、キャッシュレス決済を駆使して少しでも痛みを最小限にしましょう。(執筆者:石田 彩子)

2/2ページ

最終更新:4/18(木) 8:00
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事