ここから本文です

中国粗鋼 1―3月10%増2.3億トン 操業制限4月解除

4/18(木) 11:12配信

日刊産業新聞

 中国の1―3月期の粗鋼生産量は2億3107万トンと前年同期比9・9%増加した。冬季の環境規制による操業制限が前年より緩和されたため。鋼材市況が上がったことで鉄鋼企業の増産姿勢が強まり、電炉の稼働も増えた。環境対策上の製鉄所移転や設備の置換が全国的に広がり、生産性が向上している側面もある。操業制限が解除された4月以降さらに増え、3月に増加に転じた鋼材輸出の勢いが増す可能性がある。

最終更新:4/18(木) 11:12
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事