ここから本文です

女子中学生(当時13)自殺で初の保護者会、父親は学校側に不信感 名古屋・名東区

4/18(木) 9:38配信

中京テレビNEWS

 名古屋市名東区で去年1月、中学1年の女子生徒(当時13)が自宅マンションから飛び降り自殺した問題で17日、学校側が初めて全学年を対象にした保護者会を開きました。自殺に至った経緯やその後の対応策などを校長が説明したといいます。

 保護者会の後、自殺した女子生徒の父親は「これまで保護者会が開かれなかったのも驚きだが、結局、学校が何を説明したかったのか分からなかった」などと学校側への不信感をあらわにしていました。

最終更新:4/18(木) 9:38
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事