ここから本文です

“天真爛漫(てんしんらんまん)&子供っぽさ”の田中圭が恐怖で固まった! ~「あなたの番です」スタート~

4/18(木) 15:07配信

トレンドニュース(GYAO)

秋元康が企画・原案を手がけた作品「あなたの番です」が、恐怖の幕を開けた。

主演は、田中圭×原田知世の年の差カップル。
共演者は物語の舞台となるマンションの住人たちで、竹中直人、木村多江、西野七瀬、生瀬勝久らが主要人物。さらに袴田吉彦、片桐仁、三倉佳奈、田中要次、安藤政信など、演技派俳優が名を連ねている。

【無料配信】田中圭×原田知世 主演「あなたの番です」最新話を配信中>>

■ふとした思いが出発点

ドラマのコンセプトは「あなたには、今、殺したい人がいますか?」。
人の呟(つぶや)きのような何気ない問いがドラマの軸とは、作詞家・放送作家・音楽プロデューサー・映画監督など、多くの分野で活躍してきた秋元康ならではの発想だ。

2017年に放送された、「愛してたって、秘密はある」も、原案は至ってシンプルだった。
「愛する人の秘密をどこまで許せるか」と、シンプルだが究極のクエスチョンだった。このドラマも、最後まで主人公の心の中をのぞききれないもどかしさと、登場人物のそれぞれの感情が入り混じり、とてもユニークかつ面白い作品になっていた。

会社で、学校で、あらゆるシチュエーションで、嫌なことを言われてイラっとすることは、誰にでもある。その時はすぐに忘れても、同じ人物から嫌がらせやイライラが続くと、「あいつ、いなくなればいいのに」とか「いっその事、死んで消えて」と思うことだってある。
だからと言って、実際に殺すわけではないし、実行に移す人はほとんどいない。
そんな負の思いは、早く捨て去って前向きに生きる方が、健全で幸せだが、ノーストレスな社会など存在しないのも現実社会というものだ。

■裏をかくアイデア

世の中にあまたある殺人事件の現実を俯瞰(ふかん)してみると、実は身内に殺されるケースが圧倒的に多い。
被害者と加害者の密接な関係性と因果関係があることから、犯人が簡単に割り出され、その加害者が逮捕されることは多い。

では、全く関係性のない人間が、殺したら捕まりにくいのか?
そんな論理としては、ムチャクチャな筋立てに見えるが、それをドラマにしてしまったのが、“ザ・秋元ワールド”なのだろう。

ちょっと見、どこにでもありそうなマンションに、どこにでもいそうなさまざまな住人がいて、そこへ引っ越してきた新婚カップルの手塚翔太(田中圭)と菜奈(原田知世)。
この2人のキャスティングは、なぜわざわざ年の差婚の設定なのかは謎だが、きっと秋元氏のことだから、何か理由があり、それがストーリーの重要ポイントになっているのだろう。

ドラマの冒頭では、ミステリー映画のようなストレスフルな音楽が流れる。
そこに黒いスーツの出で立ちで現れ、「あなたは、今、殺したい人がいますか?」と迫力のある美声で語る竹中直人。ものすごいインパクトと存在感に圧倒され、既にドラマに完全に引き込まれていることも忘れてしまう。

年上の女が好きそうな男の典型的な特徴は、天真爛漫(てんしんらんまん)な明るさと子供っぽさを残した単純さ。
その両方を併せ持った男・翔太を田中圭が熱演している。超売れっ子俳優で、いい男役が多かっただけに、新たな役に挑戦というところだろう。
15歳年上と言っても、原田知世の可憐(かれん)さとナチュラルなかわいさがあるから、かろうじてバランスを保っているように見える。この出来立ての夫婦は、仲睦まじく登場したが、今後ドラマの中でどのように変わってしまうのだろうか。

1/2ページ

最終更新:4/18(木) 15:07
トレンドニュース(GYAO)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事