ここから本文です

2019スーパーフォーミュラ第1戦プレビュー:“異次元”&“未知数”の開幕バトルに注目

4/18(木) 16:02配信

J SPORTS

いよいよ、2019シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権が4月20日・21日に鈴鹿サーキット(三重県)で開幕を迎える。今シーズンから新型マシン『SF19』が導入に加え、海外からも有力な若手ドライバーが続々と参戦。さらにヨーロッパの名門チームであるモトパークも参入するなど、すっかり海外から一目置かれるカテゴリーとなった。もちろん、開幕戦に向けた見どころも非常に多い。

コーナリングスピードは異次元の領域に……鈴鹿の予選では1分34秒台突入か!?

今シーズンからスーパーフォーミュラの参戦車両は『SF19』に変更される。F1をはじめ世界中のフォーミュラカテゴリーで導入が進んでいる「HALO(ヘイロー)」も装着されるなど、2016/17 FIA F1 セイフティレギュレーションに準拠したマシンに仕上がっている。

開始開幕前のテストでは早くも『SF14』時代のコースレコードを上回るタイムが記録され、特に開幕戦の舞台となる鈴鹿サーキットに関しては、どのドライバーも「コーナリングスピードが上がった!」とコメントしている。実際にS字や逆バンクを駆け抜けていく姿はSF14よりも格段に早くなっており、まさに“異次元”の領域に突入したと言っても良い。

3月の鈴鹿合同テストではルーキーのアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)が1分35秒904を記録。2017年に中嶋一貴が記録したコースレコード(1分35秒907)を早くも上回った。この日は雨上がりで路面もあまり良くないコンディションだったことを考えると、今週末の予選ではさらに早いラップタイムが刻まれる可能性が高く、1分34秒台という驚異的なタイムも見られるかもしれない。

2019年はオーバーテイク急増か?OTSの運用方法が変更

このSF19導入に伴って、オーバーテイクシステム(OTS)の運用方法が変更された。これまでは20秒×5回使用できていたものが、今年からは100秒間を自由に使い分けることができる。極端に言えば、100秒を1回で使い切ってしまうことも可能なのだ。

しかし、今年からは1回使うごとに100秒間(鈴鹿サーキット約1周分)の使用制限がかかる。さらにリアコーションランプと連動し、作動時は同じように点滅する。これにより後続車にOTSの使用状況がバレてしまうため、昨年まで頻繁に使われていた“防御としてのOTS使用”という戦略が使いづらくなってしまうのだ。

これについて昨年のスーパーフォーミュラ王者である山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は「頭を使いながらレースをしなければいけなくなると思います」とコメント。同じく2度のチャンピオン経験を持つ石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・ INGING)も「1回使うと次まで100秒間待たなければいけなくなるというのが要素としては大きくて、今年は多分オーバーテイクがかなり増えると思います」と予想していた。純粋な速さだけでなく、今まで以上に頭脳戦が展開されるレースが楽しめそうだ。

1/3ページ

最終更新:4/18(木) 16:02
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事