ここから本文です

サラーがリヴァプールに移籍を要求!

4/18(木) 8:06配信

SPORT.es

『As』の報道によると、モハメド・サラーはリヴァプールに今シーズン終了後の移籍を要求しているという。
同マドリード紙はサラーが彼の指揮官ユルゲン・クロップとの激しい議論の末、環境を変える決断を下した可能性があるとしている。

チェルシーがサラーを人種差別したファンに罰則を科す、FWジルーも怒り

『As』によると、クロップとサラーの関係性があまりにも張り詰めている事からリヴァプールは好条件のオファーが届き、サラーがアンフィールドを離れる意向を維持した場合は彼の退団を容易にするという約束の下このエジプト人ストライカーの気持ちを落ち着かせ、状況をコントロールしたようだ。

昨シーズン、キャリア最高のシーズンを送り、バロンドール候補にも選出されたサラーはバルサやレアル・マドリーなどヨーロッパのビッグクラブの今夏の補強リストに名前が含まれている。

このエジプト人選手は52試合出場44ゴールという素晴らしい数字を記録したが、チームはプレミアリーグ、チャンピオンズリーグのタイトルを逃し、本人は昨夏のロシアW杯でも輝きを放つ事が出来なかった。

SPORT.es

最終更新:4/18(木) 8:06
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事