ここから本文です

常盤公園でボタンなどライトアップ

4/18(木) 14:55配信

宇部日報

浮かび上がる大輪の魅力

 山口県宇部市常盤公園のぼたん苑で、ボタンとシャクヤクが夜間ライトアップされ、鮮やかに浮かび上がる大輪の花が、訪れた人を魅了している。見頃を迎える21日には、同苑を会場にイベントが開かれる。
 計420株が植えられており、10日ごろから早咲きのボタンが開花し始めた。17日現在で五分咲きという。
 苑内の所々に、花を日差しから守るための和傘が差し掛けてあり、夜になると和傘から漏れる明かりが、赤、ピンク、白などの花をほのかに照らす。かやぶき屋根の古民家からは全景を見渡すことができる。
 ライトアップは5月12日まで。時間は午後6時半~10時。市ときわ公園課の宗像香織さんは「古民家の縁側に座り、ゆったりした気持ちで見ていただければ。珍しい品種もあるので探してほしい」と話している。
 イベントは21日午前10から。先着200人に1席100円で茶を振る舞う。ボタン苗を販売するほか、花の寄せ植え、ハーブの香り袋づくり、絵手紙などの体験コーナーを設ける。

最終更新:4/18(木) 14:55
宇部日報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事