ここから本文です

「地獄」から蘇った秘湯がある。江戸時代から続く老舗は、どう復活したのか

4/18(木) 18:35配信

BuzzFeed Japan

熊本の秘湯が、3年ぶりに復活した。その名も、地獄温泉。200年前の歴史を持つ、老舗だ。熊本地震で大きく傷つき、まさに”地獄”からの復活を遂げた江戸時代からの湯治場が、新たな一歩を踏み出した。【BuzzFeed Japan/籏智 広太】

阿蘇の山あい、曲がりくねった道の先に、地獄温泉はある。

明治時代に建てられた本館をはじめ、5つの浴場、2つの宿泊施設を持つ、県内屈指の温泉旅館。

かつて阿蘇山の火口だった土地に湧き上がるのは、少し緑がかった白濁色のお湯だ。浸かると身体に硫黄臭が染みつくほどの泉質を求め、古くから多くの湯治客が集ってきた。

残された一番古い資料は、江戸時代後期の1808年に書かれた「入浴の掟」。当時は、怪我を負った武士たちが入浴していたという逸話も伝えられている。

ただ、その本当の始まりは定かではない。阿蘇地域に伝わる神話にも、主人公である命(みこと)の子どもの生湯に使われたという言及があるほどだ。

老舗を襲った震災

2016年4月16日。老舗旅館を、大きな揺れが襲った。熊本地震の本震だ。

村にある阿蘇大橋は崩落。大学寮や別荘地などでは死者が出た。

地獄温泉へつながる一本道も崩れ落ち、宿は孤立状態に。宿泊客と従業員をあわせた約50人は、夕方に自衛隊のヘリで救出された。

敷地内には地割れができ、明治時代に建てられた本館に歪みも出た。それでも、入浴施設は無事だった。

数ヶ月で日帰り入浴だけでも再開させたいーー。そんな思いで経営を担う3兄弟とその家族たちは、復旧を急いだ。

生きていた源泉

しかし、不幸は重なった。2ヶ月後の6月20日、地震で弱り切った熊本を、豪雨が襲ったのだ。

地獄温泉の敷地では、大規模な土石流が発生。多くの建物や最も古い「元湯」も飲み込まれた。被害を受けた施設は、全体の約3分2にまで及んだという。

ただ、どん底の中で奇跡も起きていた。土石流で2メートル近く積もった泥の中から、湯気とお湯が吹き出していたのだ。

数百年続いてきた温泉は、生きていた。一縷の希望が、そこにあった。

3兄弟長男で社長の河津誠さん(56)は、当時をこう振り返る。

「エネルギーを感じましたね。止めようとしても止められない。こうやってあふれるものを、独り占めしてはいけない。みんなのお風呂を、またつくりたいと」

1/2ページ

最終更新:4/18(木) 21:36
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事