ここから本文です

韓国の文在寅大統領、ストレスで12本の歯を失う ― 駐ポーランド大使が明かす

4/18(木) 20:11配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

Tomanski記者のインタビューで、Sun大使は文大統領をどんなタスクにもへこたれない、疲れ知らずの働き者だと語った。

「2011年、当時は尊敬される弁護士の1人だった文在寅大統領は、海外メディアの初インタビューとしてロイターの取材を受けました ― わたしは彼の通訳を頼まれたんです」

「記者はノートパソコンの電源を確保しようとコンセントを探していましたがどこにも見つかりませんでした。部屋には何人かいたのですが、それに気づいたのは文在寅大統領だけでした。エレガントなスーツに身を包んでいた彼は、さっと四つん這いになってコンセントを探したんです。そして床に埋もれていたコンセントを見つけると、パソコンをつないで、床についた自分の足をささっと払って椅子に座り、最初の質問をどうぞと言ったんです」



[原文:South Korea's president lost 12 of his teeth from stress ― and it points to the country's troubling work culture]

(翻訳、編集:山口佳美)

2/2ページ

最終更新:4/18(木) 23:41
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事