ここから本文です

ゴルフ場『21センチュリークラブ富岡ゴルフコース』運営、ワイ・ケイ・ジャパンが民事再生

4/18(木) 16:51配信

帝国データバンク

 (株)ワイ・ケイ・ジャパン(TDB企業コード:983398879、資本金3000万円、東京都渋谷区宇田川町2-1、代表石井年晴氏)は、4月17日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日監督命令を受けた。

 申請代理人は柴原多弁護士(東京都千代田区大手町1-1-2、西村あさひ法律事務所、電話03-6250-6200)ほか。監督委員は辺見紀男弁護士(東京都千代田区麹町2-2-36、サンライズ法律事務所、電話03-5275-2060)。

 当社は、1986年(昭和61年)9月に設立されたゴルフ場運営会社。群馬県富岡市に位置する「21センチュリークラブ富岡ゴルフコース」(91年オープン、18ホール)の運営を手がけていた。同ゴルフ場は、上信越道・富岡ICから約5分、上信電鉄・上州富岡駅から約15分の立地にあり、妙義・榛名・赤城の上毛三山を望む絶好のロケーションの丘陵コースが人気で、2007年3月期には年収入高約5億9700万円を計上していた。

 しかし、近年はゴルフ人口が減少するなか、来場数の落ち込みおよび近隣ゴルフ場との競合によるプレー料金の下落など運営環境の悪化を余儀なくされ、2018年3月期の年収入高は約4億円に減少していた。こうしたなか、会員権の預託金償還問題から、自主再建を断念し、法的手続きにより再建を目指すこととなった。

 負債は債権者約480名に対し約162億4200万円(うち預託金は債権者約370名に対し約81億2000万円)。

 なお、スポンサーは(株)ユニマットプレシャス(港区)とする方針。

最終更新:4/19(金) 15:16
帝国データバンク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事