ここから本文です

いったい誰が「女は政治は無理 女は台所に帰れ」と。誹謗中傷ポスターで憶測の嵐

4/18(木) 19:28配信

BuzzFeed Japan

「女は政治は無理 女は台所に帰れ」と書かれた大量のポスターが、衆院沖縄3区補欠選挙(4月21日投開票)の選挙区内に貼り出され、物議をかもしている。沖縄3区補選は、男性と女性の2人の候補者による一騎打ちの構図。そのため、男性候補陣営が相手を攻撃するために貼り出したという憶測だけでなく、女性候補陣営による「自作自演説」も飛び出し、混乱が拡がった。【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】

いずれの陣営も「うちとは無関係」とし、ポスターに憤る声明を出す事態に。一夜であちこちに現れたことから、組織的な活動である可能性が高い。このポスターを誰が貼ったのかは不明のままだ。

衆院沖縄3区の補欠選は、玉城デニー氏が沖縄県知事に転出したのに伴うもので、2人が立候補し、選挙戦を繰り広げている。

無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援するフリージャーナリストの屋良朝博氏と、自民公認の新人で元沖縄北方担当相の島尻安伊子氏だ。

選挙区内の沖縄市やうるま市などのあちこちで問題のポスターが見つかったのは、4月16日朝のことだ。両陣営は「一夜のうちに貼られた」と振り返る。

だれが貼ったのか、さまざまな憶測が飛んでいるが、両陣営ともBuzzFeed Newsに「貼ったのは、うちではない」としている。

屋良陣営の声明と主張

屋良氏の選挙対策本部の平良昭一本部長は16日、声明を発表。そのなかで、ポスターを「女性を蔑視、冒涜する内容」と批判した。

屋良氏は女性の社会進出を応援しているとし、その「考えから大きく逸脱しており、決して看過できない」と怒りを表した。

「誰が何の目的で、このような蛮行を行ったかは分からないが、この許し難い行為に対し、また街の景観を損ねる概点からも速やかに撤去作業を行う」

そして、屋良氏の後援会は17日、会長と会長代行の連名で「当方が相手方候補を誹謗するような印象を与える、許されざる行為」として、「偽計による選挙自由妨害罪」での告発状を、沖縄警察署に提出したという。

さらに、屋良陣営の担当者はBuzzFeed Newsに「両陣営になりすましたもの」と話し、ポスターは屋良陣営とは無関係で、出所不明だと強調した。

「ポスターは、『玉城デニーの後継者である』という我々のポスターや看板の上など、やみくもにとんでもない枚数が貼られています。それを見て、我が陣営の行為ではないと支援者にも確証を持ってもらえています」

声明の通り当初、ポスターの一部を撤去したが、現在は方針を変更。陣営として剥がさないことにしたといい、こう説明する。

「我々が貼ったものではないから、剥がすべきでないという意見や、あくまで個人の所有物といった意見があったからです」

それには背景がある。陣営関係者が一部のポスターを剥がしたことで、Twitter上では「自分たちが貼ったから、剥がしたのだ」と疑う声が上がったのだ。

担当者は「ポスターは誰が見ても気持ち悪いものです。だから、陣営としては剥がさない方針になりましたが、自身の判断で剥がしている陣営関係者や市民もいます。本当に歯がゆいです」と声を落とした。

1/2ページ

最終更新:4/18(木) 19:28
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事