ここから本文です

「好きな人の瞳に映る光を見た瞬間」の美しさを集めたような作品…君島大空、1st EPのコンセプト語る

4/18(木) 12:04配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。4月14日(日)のオンエアでは、シンガーソングライターの君島大空さんをゲストにお迎えしました。

ギタリストからソングライターへ

君島さんは現在24歳。音楽を始めたきっかけは、5歳くらいの頃に父から小さいギターをプレゼントされたことでした。そこから吉田拓郎さんや、忌野清志郎さんなどを弾いて過ごしていたそうです。

高校1年生くらいの頃には、地元の近くにある老舗ライブハウスでフリーセッションを行い、ブルースやジャズなどを主に演奏していました。

一時は激しく技巧派のギタープレイも練習していたそうですが、現在の君島さんは「ギタリストというよりもソングライターという印象の方が強い」とクリス。今のスタイルに変化するにはどんなきっかけがあったのでしょうか。

君島:技巧的なものに飽きてきたというか、それがコンプレックスになり始めた瞬間があったんです。
クリス:どういうこと?
君島:高校生のときとかは、父が聴いていた音楽とかを敬遠してたんです。たぶんそれの反発でメタルとかをやってい時期があったんです。でもそれが一周したのか、父が聴いているものとかをフラットな状態で聴けるようになってきたんです。そこから、ギターがなくても自分の音楽だと言えるものを作りたいないという気持ちになっていきました。

セルフプロデュースにこだわる理由

そんな君島さんの1stEP『午後の反射光』が3月にリリースされました。作詞・作曲・編曲、そしてジャケットのアートワークにいたるまで、すべてセルフプロデュースの作品になっています。

クリス:やっぱり自分の作品は、君島流っていうのかな。すべてセルフプロデュースで、アートワークも全部やっちゃおうという感じですか?
君島:そうですね。全部自分でやったほうが純度が高いものができる気がしていて、それを信じて。できないけどやってみようと。
クリス:100パーセント君島大空ってことですね。

1/2ページ

最終更新:4/18(木) 12:04
J-WAVE NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事