ここから本文です

【ラグビー】サンウルブズ後半初戦はハリケーンズと激突 ボスアヤコCTBで先発へ

4/18(木) 0:58配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 スーパーラグビーは大会後半戦に入り、2勝6敗で折り返して1週間のブレイクをはさんだ日本チームのサンウルブズは、4月19日に東京・秩父宮ラグビー場で、3年ぶりの優勝を目指すハリケーンズ(ニュージーランド)と対戦する。

 サプライズは、本来はFWバックローの選手であるラーボニ・ウォーレンボスアヤコのCTB起用。背番号12を与えるトニー・ブラウン ヘッドコーチは、「昨年、レベルズ戦で徳永(祥尭)がウィングとしてプレーしたように、3列目の選手にバックスでプレーできる選手もいます。シーズン中必要であれば、ラーボニをバックスのポジションでプレーさせるということは想定していました。彼はスキルがありますし、バックスのポジションでもプレーする能力があります。フィジカルの強い相手のCTB勢に対して、彼が入ることでうまく機能することを期待しています」と説明した。

 4月の海外遠征では、チームはいいパフォーマンスもあれば悪いパフォーマンスもあったという指揮官。ハリケーンズに勝つためには、「ディフェンスで今シーズン一番いいパフォーマンスを出さなければいけません」と話し、ファンの前でいいラグビーが披露できるよう、しっかりと準備して挑む。

<サンウルブズ (4月19日・ハリケーンズ戦) 試合登録メンバー>

1.パウリアシ・マヌ(日野)  2.ネイサン・ベラ(―)  3.山下裕史(神戸製鋼)  4.マーク・アボット(―)  5.トンプソン ルーク(近鉄)  6.ベン・ガンター(パナソニック)  7.ダン・プライアー(主将/宗像サニックス)  8.ツイ ヘンドリック(サントリー)  9.ジェイミー・ブース(―)  10.ヘイデン・パーカー(神戸製鋼)  11.セミシ・マシレワ(近鉄)  12.ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ(―)  13.ジョシュ・ティム(―)  14.ゲラード・ファンデンヒーファー(クボタ)  15.山中亮平(神戸製鋼)

〔リザーブ〕
16.坂手淳史(パナソニック)  17.三上正貴(東芝)  18.浅原拓真(東芝)  19.トム・ロウ(―)  20.松橋周平(リコー)  21.田中史朗(キヤノン)  22.ジェイソン・エメリー(宗像サニックス)  23.ヘンリー ジェイミー(トヨタ自動車)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事