ここから本文です

【インタビュー】マッチョすぎる女芸人・こじらせハスキーのドイツみちこは、筋トレ前からアスリート並の肉体だった

4/18(木) 15:26配信

トレンドニュース(GYAO)

女性お笑いコンビ・こじらせハスキーのドイツみちこは、2018年11月に行われたボディビルの世界大会「NPCJ」の「ウィメンズアスリートモデル+40」(40歳以上が参加できる部門)で第3位入賞を果たした。ドイツは筋トレを始める前からすでに、もともとプロレスラーとして活動していた相方の橋爪ヨウコをはるかに上回る身体能力を持ち合わせていたという。

ボディビル世界大会に入賞した時の“キレッキレ筋肉写真”を披露>>

■出会いを求めてジムへ通うも……

――何がきっかけで筋トレを始めたのですか?

ドイツみちこ(以下、ドイツ):「男性との出会いを求めてです(笑)。姉によく「マジで結婚どうすんの?」って言われていて、最初は「別に。お笑いやってたらいいし!」って強がってたんですけど、39歳になったあたりで、いよいよそうは言ってられないなって……(笑)。「ジムに出会いがある!」って雑誌に書いてあったので、「これだ!」って思いました。「体鍛えていたら偶然すてきな男性と出会っちゃいました~」みたいなのを狙っていました(笑)」

――素敵な出会いはありましたか?

ドイツ:「トレーニングを始めて2年近くたちますけど、一切ないですね。筋トレに夢中になって、「はぁー!」とか声出しちゃっているので、男性に声をかけられるわけがないです(笑)」

橋爪ヨウコ(以下、橋爪)「同じジムに通っているんですけど、気合いが入りすぎてて相方の私ですら近づけません(笑)」

■元プロレスラー・橋爪の身体能力は?

――橋爪さんは、かつて女子プロレス団体「プロレスリングSUN」(現在はCHICK FIGHTS SUN)の練習生でしたよね。ドイツさんに負けない身体能力をお持ちなのでは?

橋爪:「はい。その後は「西口プロレス」(長州小力らが所属)にも参戦していました。私は、昔からサッカーでいいところまで行ったり、100kmマラソンに挑戦したり、ボルダリングもやっていたり、体力には自信がありました。でも、ドイツが筋トレを始める前に、お笑いライブの企画で体脂肪率を測ったことがあったんですけど、その結果にはがく然としました……」

1/3ページ

最終更新:4/18(木) 15:28
トレンドニュース(GYAO)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事