ここから本文です

ドイツの“日本人蔑視”CMが取り下げに。ホルンバッハ社「全世界の多くの地域からは、肯定的な反応があった」と弁明

4/18(木) 15:54配信

ハフポスト日本版

CMが日本人蔑視と物議を醸していたドイツのホームセンター、ホルンバッハが4月15日、問題のCMについてドイツ国内のテレビ放映を取りやめ、公式YoutubeチャンネルのリストとFacebookから削除した。

【動画】アジア蔑視で物議を醸したドイツのCM

このCMは、アジア系の女性がドイツ人男性の使用済み下着の匂いを嗅ぐ姿が描かれており、制作した広告会社は「日本の文化をもとにした」などと主張していた。日本人だけでなくアジアへの蔑視であるとして署名活動にも発展していた。

ただ、ホルンバッハ社が自主的にCMを取り下げたのかというとそうではない。

日本人や韓国人らから、ドイツ広告審議会にCMに対する抗議の声が寄せられ、広告審議会が「『CMのメッセージ性は、優しい目で見るべき』というよく使われる言い訳で、人種差別的なCMを正当化することはできない」として「人種、出身、性別に基づいて人を差別してはならない」という条項に違反している疑いがあると判断。

広告審議会からの指示を受け、ホルンバッハ社はドイツ国内でのCM放送を別のCMに差し替えたという経緯だった。

同社はTwitterでもCMの差し替えを発表したものの、動画を投稿したツイートの削除などはしなかった。

指示を受けたのがドイツの広告審議会だったため、周辺諸国のオランダやチェコ、オーストリアなどでは依然としてこのCMが流れ続けている。スウェーデンでは、支社独自の判断でこのCMを使っていなかった。

ホルンバッハ「全世界の多くの地域は、肯定的な反応だったが、このCMに反対する煽動的な活動や署名運動の勢いが増大した」

ホルンバッハ社は、3月28日に始まったCMの取り下げを求める署名活動が3万筆を超えた4月中旬にも、取り下げについては真っ向から否定していた。

4月上旬にはホームページ上で、「全世界の多くの地域からは肯定的な反応が寄せられた」と釈明。

CMの騒動について、最初の10日間は「例外なくほとんどポジティブな意見だった」とした。続けて「しかしながらこのCMに反対する煽動活動や署名運動の勢いが増大し、特に東アジア地域からの否定的反応に、当社は直面してしまった」と受け止めを説明した。

ドイツ国内では、地域によって反応は様々。

中央部のヘッセン州に住む日本人女性は、国内の反応について「今のところ、大きな問題として取り扱われているようには感じられない。ホルンバッハはきわどいCMで有名でした。そういうものだ、と思う感覚でドイツ社会はCMを特に問題視しなかったように思います」と語る。

女性は、ドイツ内で日本や韓国などアジア系の人々と共にCMをもとにした差別被害をまとめたり、ドイツ広告審議会の問い合わせに対する反応の進捗状況を確認するなどの活動を始めた。

このグループには、ドイツ語や英語の記事を他の言語に翻訳もしているという。

女性は「日本社会がこのような形で表現され、結果、CMを元にした差別的発言に遭う女性たちを見て、いつ身に降りかかるかわからない差別への恐怖を感じながら生活しています」と話している。

1/2ページ

最終更新:4/18(木) 16:35
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事