ここから本文です

【インタビュー】“美魔女コスプレイヤー”鷹村アオイの若さの秘訣とは?「好きなことに年齢は関係ない」

4/18(木) 15:28配信

トレンドニュース(GYAO)

43歳で2児の母でもある鷹村アオイは、“美魔女コスプレイヤー”として人気を集めている。クオリティの高いコスプレ写真はもちろん、いくつになっても趣味を楽しむ姿勢が支持されているようだ。年齢をまったく感じさせない鷹村の若さの秘訣(ひけつ)とは?

“美魔女コスプレイヤー”が、ゲーム「ベヨネッタ」のキャラクターに>>

■「コスプレは1番のアンチエイジング」の真意

――昨年10月にTwitterに投稿した「コスプレは1番のアンチエイジング」というつぶやきは2万回以上もリツイートされ、5万件以上の「いいね」を獲得しました。どういった反響が寄せられましたか?

鷹村:「『私もコスプレ復帰します!』『背中を押してもらいました』といった反応をいただきました。自分が発信したことによって、誰かが前向きになってくれたのだとしたら、本当にうれしいですね。別に主語の部分は『コスプレ』じゃなくてもいいんです。コスプレに限らず、本当に好きなことがあるなら、年齢は気にしなくてもいいんじゃないでしょうか」

――20年以上前にコスプレを始めたという鷹村さんですが、30代半ばまで10年ほどコスプレから離れていたそうですね。活動を再開したきっかけはなんだったのでしょうか?

鷹村:「2009年に『ベヨネッタ』というゲームに出会ったことです。昔から強くて美しい女性が大好きだったこともあって、ドSな魔女の主人公・ベヨネッタに一目惚(ひとめぼ)れしたんです。もちろん昔のコスプレ仲間はほとんどコスプレを卒業していたので、ほとんど浦島太郎状態(笑)。ためらいがなかったわけではありませんが、それ以上に『ベヨネッタのコスプレがしたい!』という気持ちの方が強かったです」

――20年前と最近のコスプレ業界を比べて、感じることはありますか?

鷹村:「昔はSNSもありませんし、今ほどオタク文化も盛んではなかったので、同じ趣味の人と交流することのハードルが高かったです。同人誌の奥付に作者の住所が載っていて、それを頼りに文通していたくらいですから(笑)。あと、今はオシャレでかわいい子が多い! 見た目からオタク要素を感じない人もたくさんいて、『みんな若くてかわいいなあ』と思っています(笑)。娘たちを出産したことで、無意識のうちに母親目線になっているのかもしれませんね」

1/3ページ

最終更新:4/18(木) 15:28
トレンドニュース(GYAO)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事