ここから本文です

CL4強入りの立役者19歳デ・リフト 自身の将来は語らず

4/18(木) 12:22配信

SPORT.es

現在19歳のマティアス・デ・リフトは、今年の8月12日に20歳になれば、もうアヤックスの選手ではなくなる。まだ、自身の将来についての決断は、公にしていないが、FCバルセロナに加入するチームメイトであり友人のフレンキー・デ・ヨングと同じ道を歩むことを全てが示唆している。

大金星の立役者19歳デ・リフト「やってやった」

デ・ヨングは、シーズンの重要なフェーズに入る前に自身のバルサとの契約についての全ての雑音を終息させる必要があると思っていた。自身についての報道が自身のパフォーマンスに影響すると感じ、アヤックスでのプレーに100%集中するためにも自身の去就を公にする必要があると考えていた。しかし、それぞれに考え方は違い、成長著しいデ・リフトは、自身の去就についての言及を避けることを好んでいる。

■楽観視するバルサ
交渉は、進展している。デ・リフト獲得を決めたバルサは、移籍実現のためにすべきことはほぼ済ませている。そのため、クラブは、非常に楽観視しており、デ・リフト獲得においてはあまり心配していない。バルサのこの楽観的な姿勢は、全ての契約が済んでいるという事実があるからかもしれない。しかし、契約がされていなかったとしても、契約できないと考える理由はない。

そしてもしかしたら、アヤックスのエールディビジとチャンピオンズリーグでの躍進を受けて、デ・リフトが契約における要求を上げようとしていると人々は思うかもしれないが、バルサは、そうはならないと確信している。さらに、デ・リフトは、シーズン中のこの段階での発表は、3冠の可能性のあるアヤックスのチーム目標達成のために適当ではないと考え、発表を待つことを好んでいるようだ。

7月1日からデ・リフトがバルサの選手になることを誰も疑っていないが、公式になるまでにはまだ時間が必要だろう。もし、デ・リフトがアヤックスの今回の躍進に乗じて、契約における要求を最後の最後で引き上げてきた場合、バルサにとっては大きなサプライズとなるだろう。

SPORT.es

最終更新:4/18(木) 12:22
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事