ここから本文です

印鑑用の「象牙」をネットで違法に販売、35歳男性を書類送検

4/18(木) 19:12配信

中京テレビNEWS

中京テレビNEWS

 印鑑の材料にする象牙をインターネットで販売したとして18日、名古屋市の35歳の男性が、「種の保存法」違反の疑いで書類送検されました。

 警察によりますと、書類送検されたのは名古屋市中川区の解体会社に勤める男性で、去年7月から12月にかけ、事業の登録を受けずに印鑑用の象牙を「フリマアプリ」に出品し、18本を販売した疑いがもたれています。

 男性は「愛知県内で印鑑屋の解体を依頼された際に手に入れた。違法であることは知っていた」と容疑を認めているということです。

中京テレビNEWS

最終更新:4/18(木) 19:12
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事