ここから本文です

イニエスタvsバルサ、夢の対決が実現!バルサが7月に来日決定

4/18(木) 17:45配信

SPORT.es

4月18日(木)、楽天株式会社が都内某所にて『Rakuten Cup』に関する記者発表会を開催した。

イニエスタが日本参戦で得たもの「再びサッカー選手に戻れた」

スペインのサッカーの名門クラブFCバルセロナは、約3年半ぶりに来日し、日本で親善試合『Rakuten Cup』を実施することを発表した。

7月23日(火)、埼玉スタジアムにてFCバルセロナ対チェルシーが、27日(土)にノエビアスタジアム神戸にてFCバルセロナ対ヴィッセル神戸が、開催されることとなった。

楽天株式会社の代表取締役会長兼社長の三木谷 浩史氏は「私たちは、世界的に有名なFCバルセロナを日本に招致できることをとても誇りに思います。本イベントはヴィッセル神戸がヨーロッパのサッカーを牽引するクラブの1つであるFCバルセロナと対戦できる機会であると同時に、FCバルセロナおよびチェルシーFCのサッカー界における世界最高峰のプレーを日本のファンに見て頂けると機会でもあります。また、この対戦を通じて日本のサッカーのレベルや存在感を世界に広めること、そして日本のサッカー界の次世代を担う若手選手たちに良い刺激となることにも期待を寄せています」と『Rakuten Cup』への想いを語った。

また、FCバルセロナのテクニカルセクレタリーを務める同クラブの元DFアビダルは「私達は楽天と未来を信じる想い、地域コミュニティのエンパワーメント、他者への敬意、そしてチームワークという共通の価値観に基づいた関係を築いています。私達は『mes que un club(クラブ以上の存在)』というスローガンを掲げていますが、楽天との関係も『パートナーシップ以上』のものです。この夏、楽天のサポートのおかげで2015年ぶりにFCバルセロナのファーストチームの訪日が実現することになり、チェルシーFCとヴィッセル神戸との特別な試合が行われます。私達は、近年チェルシーFCと素晴らしい戦いを繰り広げていますし、日本で対戦できることを大変楽しみにしています。またヴィッセル神戸においては、バルサファミリーだったイニエスタ選手やビジャ選手、サンペール選手の3選手が所属していることから私達にとって特別な試合になるでしょう。日本のファンにバルサ流のサッカーをお見せできることを楽しみにしています」とコメントを残した。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:4/18(木) 17:54
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事