ここから本文です

日本男性の家事参加率は?5カ国で家事分担率をランキング

4/18(木) 11:00配信

LIMO

夫婦の在り方とは

育児に追われ、実母に対するストレスに悩む日々。女性の抱える負担は、なかなか減る様子が見られません。そんな時こそ、あらためて夫婦の在り方も見直してみましょう。

女性の負担を減らすためには、パートナーの協力が大切です。ところが、リンナイ株式会社が日本・韓国・アメリカ・ドイツ・デンマークの5カ国で30~49歳の夫婦共働きの男女500人(各国100人)に調査した結果では、日本の男性の家事参加率の低さが感じられました。

「配偶者(パートナー)と家事を分担していますか?」という問いに対する回答は、以下の通りです。

【家事分担している夫婦の割合】
1位:アメリカ(93.0%)
2位:韓国(87.0%)
3位:デンマーク(84.0%)
4位:ドイツ(77.0%)
5位:日本(56.0%)

ご覧のように、5カ国中最下位という結果に。1位のアメリカとは、かなり大きな差があります。さらに、夫婦2人の時間の違いも浮き彫りになりました。

【平日の1日あたりの夫婦の時間】
1位:デンマーク・・・3.19時間
2位:ドイツ・・・2.55時間
3位:アメリカ・・・2.45時間
4位:韓国・・・1.5時間
5位:日本・・・1.31時間

この結果から、日本は男性の家事参加率、夫婦の時間ともに少ない状況であることが分かりました。共働き世帯が増えているなか、夫婦間の協力は今後ますます求められていくでしょう。いま一度「2人で力を合わすにはどうすべきか」と夫婦話し合ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

「実の娘だから」と自分のやり方を優先する実母に、ストレスを抱えてしまう女性たち。産後直後はデリケートなので、精神的にも敏感になってしまうことが多いようです。

そんな時にそっとパートナーが寄り添ってくれると、かなり心強く感じるはず。夫婦の時間を大切にして、2人でうまく支え合ってくださいね。

LIMO編集部

2/2ページ

最終更新:4/18(木) 12:25
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事