ここから本文です

今夜『ストロベリーナイト・サーガ』、二階堂ふみは寺脇康文の失踪事件を追う

4/18(木) 10:00配信

クランクイン!

 女優の二階堂ふみとKAT‐TUNの亀梨和也がダブル主演を務めるドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第2話が今夜放送される。川の土手で成人男性の手首が発見され、捜査に乗り出した玲子(二階堂)ら。指紋などから、手首は行方不明となっている工務店経営者・高岡賢一(寺脇康文)のものと判明する。

【写真】『ストロベリーナイト・サーガ』第2話フォトギャラリー


 本作は、累計400万部を突破する誉田哲也のベストセラー小説『姫川玲子シリーズ』を原作にした刑事ドラマ。ノンキャリアながら27歳という若さで警部補に昇任した女性刑事・姫川玲子(二階堂)が、直感と飛躍した思考、行動力を武器に“姫川班”を率いて、数々の難事件の真相に迫っていく。亀梨は寡黙で謹厳実直、思いを内に秘めながらも献身的に姫川を支える年上の部下・菊田和男を演じる。

 ここのところ事件もなく平和な日々の捜査一課。しかし、玲子はそれが不満なのかイライラと動き回り、仕事を求めていた。菊田や湯田康平(中林大樹)は不謹慎だといさめるが、玲子は耳に入らない様子で、石倉保(宍戸開)にけさ発生した事案を尋ねる。玲子はこれが大きな事件に発展すると読んでいた。勘は的中し、橋爪俊介管理官(岡田浩暉)と今泉春男係長(山口馬木也)が特別捜査本部を立てると言ってきた。

 捜査本部が立てられたのは蒲田西署。亀有北署から異動になった井岡博満(今野浩喜)もいた。会議が始まると、今泉が事案を説明。多摩川土手の路上に放置されたスクーターの荷台から、成人男性の左手首が発見された。手首は工務店を経営する高岡賢一のものであることが、指紋や従業員の三島耕介(堀井新太)の証言から判明。耕介が出勤すると工務店のガレージの床が血の海になっていたため、高岡を探していたのだ。

 早速、玲子が体などは川に遺棄されたのだろうと発言しだすと、遮る者が現れる。日下守(神保悟志)だ。予断は捜査の妨げになると言う日下に玲子は反論しようとするが、橋爪に止められる。

 なぜ高岡は殺されたのか。そして、なぜ手首だけが残されていたのか。死体なき殺人事件の真相を追う玲子たちの前に、次々と驚きの真実が浮かび上がっていく…。

 ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』第2話は、フジテレビ系にて今夜4月18日22時放送。

最終更新:4/18(木) 10:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事